介護福祉士の通信教育【無料資料請求先はコチラから】

介護福祉士の資格は通信教育で取得は難しいのか?

介護福祉士の資格は通信教育で取得は難しいのか?
>> 資格無料資料請求はコチラ <<

通信教育を利用して、介護福祉士の資格を取得する場合、その目的は2つに分かれます。
1つ目は、受験対策のため。
2つ目は、受験資格を取得するためです。

 

ですから、全くのゼロから、介護福祉士の資格を目指すのであれば、学校へ入学するか、受験資格を取得するために、通信教育を始めるケースが多いといえます。

 

介護福祉士は、国家資格ですので、通信教育で受験資格を取得しても、合格することは難しいのではないのか?
と考える人がいるようですが、これは人によるといえます。

 

通信教育を受けるというと、長くても1年程度で受験資格を貰うことができるイメージがありますが、介護福祉士の場合は、最低でも3年程度学び続けなければなりません。

 

また、レポート提出や、実務研修のようなものが数ヶ月間含まれていますので、仕事をしながら通信教育で勉強している人にとっては、非常に大変だといえるでしょう。

 

このように、通信教育で学んでいったとしても、受験資格しか貰うことができないことから、更に試験のための勉強を行っていく気力が湧かないという人も多いようです。

 

以上のことから、最短で介護福祉士の資格を取得したいのであれば、ヘルパー2級の資格を取得して就職してしまい、3年間介護施設で働いて、受験資格を取得した方がスムーズだといわれています。

 

これは、介護福祉士の資格を取得しても、実務経験がなければ就職に不利だとの考えからお勧めされている流れであって、必ずしもこの方法が良いというわけではありませんが、検討してみる価値はありそうですね。

「介護福祉士の通信教育」と「通って資格を取る場合」の違い

「介護福祉士の通信教育」と「通って資格を取る場合」の違い
>> 資格無料資料請求はコチラ <<

一番の違いとしては、やはり、通学制であれば、場合によっては、卒業と同時に資格を取得することができるという点だといえます。

 

厳密にいうと、この決まりは平成28年1月から変更となり、最終的にはすべての人が国家試験を受験することになります。

 

そのため、条件が大きく変る前に資格を取得しておきたい人は、急いだ方が良いといえるでしょう。

 

次に、通信教育の場合ですが、この場合は、受験資格しか取得することができませんので、別途、受験勉強をしなければならないということになります。

 

また、学費についてですが、通信教育の場合は、だいたい10万円~30万円前後となっており、分割で支払うことも可能となっているケースがほとんどです。

 

通学制の場合は、学校の種類が多数あるため、学費がどのくらい掛るのかはバラバラとなってしまいますが、通信教育とさほど変わらない学費で学ぶことができる学校もありますので、比較してみると良いでしょう。

 

介護福祉士の学習範囲はかなり広くなっており、独学では難しいといえますが、通信教育の中には、大変優れた教材を用意しているところがあります。

 

レポート提出はもちろんのこと、テストやスクーリング、実習も用意されていますので、ほとんど通学制の学校と変わらない学習体験をすることができるといえるでしょう。

 

マイペースで、尚且つ、計画的に勉強をしていきたいのであれば、通信制を取り入れて学んでいっても、問題なく履修することができるといえるでしょう。

通信教育の場合、資格取得の学習期間は?

通信講座の場合、資格取得の学習期間は?

資格取得の学習期間は、2年となっています。
その他に、9ヶ月の実務経験を積まなければ、受験資格をもらうことができません。

 

介護福祉士は、国家資格ではありますが、他の国家資格と比べると、難易度は低めだといわれています。
ただし、数ヶ月だけ学べば内容を把握することができるほど、容易な内容ではありません。

 

試験の出題範囲もかなり広く、受験対策にも時間をかける必要があるといえるでしょう。

 

尚、通信教育ですと、どうしても計画していた通りに、勉強が進まないことがありますが、通信教育を提供している会社によっては、延長して学習を続けることが出来ない場合があります。

 

もしも、働きながら勉強を続けていく自信がないということであれば、決められた学習期間を過ぎても対応してもらえるような学校を選ぶようにすると良いでしょう。

通信教育の場合、資格取得の合格率は?

通信講座の場合、資格取得の合格率は?

資格取得合格率は、だいたい50%程度だといわれています。

 

他の国家資格と比べると、合格率が高めであるとはいえそうですが、簡単に取得することができる資格ではないといえますね。

 

また、試験には、筆記試験と実技試験がありますが、筆記試験の合格率は60%、実技試験の合格率は80%程度とされています。

 

元々、介護に関する、それなりの知識がある人が受ける試験ですので、実技試験の合格率が高くなるのは当然といえそうですね。

 

ようするに、どのような道程を経て、受験資格を取得し、試験に挑んだのかによって、合格率が微妙に変わってくることがある、ということですね。

 

 >> 介護福祉士の資格無料資料請求はコチラ <<

通信教育の筆記試験や実技試験について

まず、介護福祉士の筆記試験についてですが、これはかなり出題範囲が広いため、一通りの内容を理解しておく必要があるといえます。

 

回答の形式は五肢択一となっており、午前中と午後に分けて問題が出題されるのですが、実技試験については、別の日に開催されますので、その点も踏まえながら試験対策したいものです。

 

次に、筆記試験の概要についてですが、これは毎年微妙に出題範囲が変わります。

 

対策としては、過去問題を中心に学んでいくことをおすすめしますが、回答を丸暗記するのではなく、その回答に関連する情報も一緒に整理していきながら学習を進めていくと、かなりの範囲の知識を習得することができるといえます。

 

また、筆記試験と実技試験の内容は、関連性のあるものが多いため、別々に勉強するというよりは、双方を参考にしながら学習を進めていくといった形が良いですね。

 

ちなみに、実技試験を受けることができるのは、筆記試験の合格者のみです。
たいてい毎年3月の上旬に開催されることになります。

 

採点のポイントとしては、介護者の安全等を考慮した、適切な行動がとれるかどうかという点が見られるようです。

 

基本に忠実に行うことを大切にしていれば、大きな減点をされることはないといえるでしょう。

 

尚、どうしても実技試験を受ける自信がないという人は、介護技術講習会に参加することをおすすめします。
なぜなら、修了認定されると、実技試験を免除することができるからです。

 

その分、費用や時間がかかってしまいますが、興味がある方は、社団法人「日本介護福祉士養成施設協会」へ問い合わせてみると良いでしょう。

介護福祉士の資格が向いている人

介護福祉士の資格が向いている人

介護に関心が高く、高齢者の方や障害者の方に思いやりを持って接することができる人だといえます。

 

体力を必要とする仕事ですので、健康であることにこしたことはありませんが、同時に忍耐力や責任感も重要となってくるといえるでしょう。

 

それから、細かな変化に気づくことができる、心遣いが必要とされることも多々ありますので、そのような気遣い、もしくは場の雰囲気を読む力がある人にも向いているかもしれませんね。

 

中には、遠慮をしてしまって、「こうしてほしい。」と思っていることを、口に出すことができない利用者の方もいらっしゃいます。
ですから、気持ちを察するということが必要となることがありますね。

 

 >> 介護福祉士の資格無料資料請求はコチラ <<

向いていない人

向いていない人

プライドが高かったり、利用者の目線ではなく、介護施設で働いている側の都合でしか動けない人だといえます。

 

一人の利用者の方にだけ付きっきりというわけにはいきませんし、その都度、臨機応変に対応しなければならないことは言うまでもありません。

 

そのため、対応力がないと、勤まらない仕事だともいえます。
それから、チームワークを大切にしない人にも向いていないといえますね。

 

介護は一人で出来る仕事ではありません。
連携しあって成り立って行く仕事です。

 

ですから、自分はこうしたいという主張ばかりをしていては、利用者さんに迷惑をかけることになります。
ようするに、素直さが大切ということですね。

失敗しない通信講座選びの裏技紹介!

通信講座選びのポイント

介護福祉士の講座はスクールによって様々です。

 

知らない方も多いんですが、通信講座で資格をとる場合、
実は【資料請求先企業によって金額や内容が若干違う】が違うんです。

 

私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば、「〇チイ」と「ユー〇ャン」の会社から取り寄せた資料の内容は違います。
これは資料請求ページによってもよく分かります。

 

入学金の違いや、勉強期間や金額も違います。
安ければいいって事もありませんし、
期間が長ければいいって事もありません。

 

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、後になって後悔なんてしたくありませんよね?

 

失敗しない通信講座選びの裏技

 

その方法とは、【色んな企業の通信講座の資料を取り寄せる】という事。

 

≪教育訓練給付金対応講座≫もたくさんありますし、中には、
≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

 

受講費用や受講期間など、自分のライフスタイルに合った講座を複数のスクールから資料請求をして比較検討をしましょう。

 

介護福祉士の通信教育【無料資料請求先はコチラから】

 

教育訓練給付とは?

労働者や離職者が、自ら費用を負担して、厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講し修了した場合、本人がその教育訓練施設に支払った経費の一部を支給する雇用保険の給付制度です。

 

介護福祉士と一緒に持っていたい資格