介護事務の通信教育【無料資料請求先はコチラから】

介護事務の資格は通信教育で取得は難しいのか?

介護事務の資格は通信教育で取得は難しいのか?
>> 資格無料資料請求はコチラ <<

医療事務の資格を取得するよりは、難易度が低いと言われています。


ただし、介護事務の資格といっても数種類あるため、どの資格を取得するのかを決めてしまう必要があるといえます。


具体的には、介護事務管理士、介護事務実務士、ケアクラーク、介護保険事務士、介護保険事務管理士、介護管理専門秘書検定資となります。


認定している団体や、公的資格として認められているかなどの違いはありますが、難易度も必要な知識も、そこまで大きく違いがないことから、わりと短期間で簡単に取得できる資格であるといえます。


このようにみていくと、通信教育でも問題なく取得することができる資格だといえますね。


これから益々、介護関連の需要は増えていきますし、それと同時に、介護保険制度や実務など、介護事業に不可欠な介護事務の資格を取得している人材は、必要とされていくことでしょう。


ちなみに、比較的すぐに取得できる資格としては、ケアクラーク、介護事務実務士だといわれています。


特に、介護事務実務士の場合は、協会賛助会員指定校で養成講座を修了すれば、試験を受けなくても資格を取得することが可能です。


試験勉強が苦手だと言う人には、向いている資格の取得方法ではありますが、自ら試験を受けるよりも、資格取得までにかかる時間が多少延びてしまいます。


尚、それ以外の資格に関しても、最近では内容もサポートも大変充実している通信教育がいくつかありますので、スムーズに資格取得できることでしょう。

「介護事務の通信教育」と「通って資格を取る場合」の違い

「介護事務の通信教育」と「通って資格を取る場合」の違い
>> 資格無料資料請求はコチラ <<

まず学費の面でみていくことにしましょう。


通信教育の場合は、平均で4万円前後かかるケースが多く、スクールへ通学するよりも若干安めになっています。


一方、学校へ通って資格を取得する場合ですが、こちらもほとんどが5万円から7万円程度ですね。


取得したい介護事務の資格の種類にもよりますが、差があるとしてもせいぜい1~2万円程度の差だといえるでしょう。


それから、学習方法については、通信教育の場合、4ヶ月程度とされており、その間にレポート提出や実力診断テスト、修了認定試験が用意されていることがあります。


この実力診断テストと修了認定試験についてですが、合格ラインを超えた場合は、そのまま資格を取得できることがあり、例えば介護事務士の場合が当てはまります。


また、通信教育にするか、学校へ通うかで迷うことがあるかもしれませんが、最終的には、どのような手段で資格を取得したいのかで、決めるようにすると良いでしょう。


学校へ通って資格を取得する場合でも、通信教育で学んで資格を取得する場合でも、資格の種類によっては指定されているカリキュラムを履修することができれば、試験を受ける必要がない場合があります。


例えば、通学制を例に挙げると、介護保険事務士や、介護事務実務士が当てはまりますね。


尚、カリキュラムを履修し、尚且つ試験も受けなければならないのは、介護保険事務管理士や介護管理専門秘書認定資格です。

通信教育の場合、資格取得の学習期間は?

通信講座の場合、資格取得の学習期間は?

資格取得までにかかる学習期間は、資格の種類などによって変わってきます。


ただし、どの資格も平均としては4ヶ月程度のようです。
この4ヶ月とは、最低でも1日1時間、週4日以上は学習する時間に充てた場合の数字ですので、忙しくて時間を取ることが出来なかった場合は、もう少々時間が掛かるといえますね。


もしも、途中で挫折しそうだと感じるのであれば、サポート体制がしっかりとしている通信教育の講座を選ぶようにすることをお勧めします。


例えば、無料サポートが無制限で付いていたり、丁寧にサポートを添削してくれるところですと、行き詰ったときに大変心強いといえるでしょう。

通信教育の場合、資格取得の合格率は?

通信講座の場合、資格取得の合格率は?

介護事務の通信教育の場合、合格率はどのくらいなのでしょうか。


介護事務管理士を例に挙げてみますと、合格率は50%前後程度とされていますので、一見難易度が高いようにも見えますが、試験内容としてはそこまで難しいというわけではないようです。


なぜなら、たいていの試験は、テキストを持ち込んで試験を受けることが可能だからです。


全く勉強をしたことがない場合を除いては、テキストを持ちこ込むことができるというのは心強いですよね。


その他の資格の合格率としては、ケアクラークが65%前後、介護事務実務士が65%、介事管理専門秘書検定資格が得点率ではありますが、70%程度となっています。


通信教育というと、合格率が下がるのではないのかと考えてしまいがちですが、決してそのようなことはないといえるでしょう。


 >> 介護事務の資格無料資料請求はコチラ <<

通信教育の筆記試験や実技試験について

介護事務といっても、数種類の資格がありますので、どの資格を取得するのかで試験の内容が大きく変ってきます。


例えば、ケアクラーク技能認定試験の場合ですと、学科試験が介護事務一般知識となっており、筆記ではありますが、回答方法は択一式となっています。


また、実技試験の方では、介護給付費請求事務、介護給付費明細書作成に関する問題が2問出題され、60分以内で回答しなければなりません。


では次に、介護保険事務士試験について。


介護保険事務士試験の場合、実技と学科試験に分かれており、試験時間は実技が90分、学科が60分とされています。


試験内容としては、学科試験が介護保険制度についての知識全般となっており、択一式で50問出題されます。


また、実技試験についてですが、介護給付費請求事務の実際、介護給付費請求書の作成等、3問出題されることになっています。


他にも介護事務に関する資格は多数ありますが、基本的に、介護事務の試験の場合は、すべてが筆記試験となっており、実技試験では明細書を作成したり、請求書を作成するなど、現場で必要となってくるスキルを試されることになります。


試験を受ける前に、ある程度試験内容が分かっているわけですから、難しく考えることなく、何度も過去問題をこなしておけば、試験当日に慌てることは無いでしょう。


尚、受講している通信教育によっては、受験対策用のテキストが用意されていることがあります。


試験自体の難易度は、それほど高いわけではありませんので、しっかり勉強さえしていれば、問題なく合格できるといえるでしょう。

介護事務の資格が向いている人

介護事務の資格が向いている人

介護事務の仕事の内容としては、基本的には書類や事務処理がメインとなってきますが、性格が明るく、コミュニケーション能力が高い人の方が向いているといえます。


なぜなら、ただ事務仕事をこなすだけでなく、時には利用者の方と接する機会もあるからです。


介護事務は、介護施設等をさせる重要な役割を果たしています。
体力に自信がなくても、何らかの形で介護に携わっていきたいと考えているのであれば、非常におすすめの仕事だといえます。


 >> 介護事務の資格無料資料請求はコチラ <<

向いていない人

向いていない人

大雑把な性格の人には向いていないかもしれませんね。


介護事務のお仕事の1つとして、介護保険に関する事務処理がありますが、相手が公的機関であるため、ちょっとしたミスで手続きが滞ってしまうことがあります。


ですから、緻密に仕事をこなすことができない人にとっては、かなり大変な仕事となってしまうことでしょう。


それから、デスクワークが苦手な方にも向いていないといえます。
仕事中はパソコンに向かって作業することが多いですし、体を動かす機会はあまりありません。


体力に自信があって、できるだけ体を動かしたいということであれば、介護事務には向いていないといえるでしょう。


このように、向いていない人についていくつか挙げてみましたが、一番重要な点は、やはり人とコミュニケーションを取ることが苦手な人だといえますね。


事務の仕事とはいえ、人と接する機会がたくさんありますので、コミュニケーション能力は非常に大切です。

失敗しない通信講座選びの裏技紹介!

通信講座選びのポイント

介護事務の講座はスクールによって様々です。


知らない方も多いんですが、通信講座で資格をとる場合、
実は【資料請求先企業によって金額や内容が若干違う】が違うんです。


私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば、「〇チイ」と「ユー〇ャン」の会社から取り寄せた資料の内容は違います。
これは資料請求ページによってもよく分かります。


入学金の違いや、勉強期間や金額も違います。
安ければいいって事もありませんし、
期間が長ければいいって事もありません。


かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、後になって後悔なんてしたくありませんよね?


失敗しない通信講座選びの裏技


その方法とは、【色んな企業の通信講座の資料を取り寄せる】という事。


≪教育訓練給付金対応講座≫もたくさんありますし、中には、
≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。


受講費用や受講期間など、自分のライフスタイルに合った講座を複数のスクールから資料請求をして比較検討をしましょう。


介護事務の通信教育【無料資料請求先はコチラから】


教育訓練給付とは?

労働者や離職者が、自ら費用を負担して、厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講し修了した場合、本人がその教育訓練施設に支払った経費の一部を支給する雇用保険の給付制度です。