医療事務の通信講座【無料資料請求先はコチラから】

医療事務の資格は通信教育で取得は難しいのか?

医療事務の資格は通信教育で取得は難しいのか?
>> 資格無料資料請求はコチラ <<

医療事務の資格といっても、全部で10種類ありますので、資格の種類によって難易度が全く違います。


10種類とも、すべて通信教育で資格を取得することは可能ですが、その中でも一番難易度が高いといわれているのは、「診療報酬請求事務能力認定」と呼ばれる資格です。


医療機関の中でも評価の高い資格ですし、現在すでに医療事務として働いている人でも、この資格を取得するために勉強を続けている人がたくさんいるくらいです。


医科と歯科に分かれているのですが、特にこだわりがないのであれば、医科を受けることが多いといえます。


ただし、他の医療事務の資格と比較すると、合格率は低く、他の医療事務の資格を取得したことがない人には、難しいかもしれませんね。


そのため、1つの方法としては、他の医療事務の資格を取得し、仕事に慣れてた段階で、診療報酬請求事務能力認定の勉強を開始していったほうが良いといえます。


そもそも、医療事務の仕事は、資格がなくても働ける病院があったり、合格しやすい資格であれば、資格取得者がたくさんいることから、せっかく資格を取ることができても、就職先が見つからないというケースが多発しているのが現状です。


ですから、元々合格率の高い通信教育を選び、最初から難易度の高い診療報酬請求事務能力認定の資格を取得してしまうのも一考ですね。


通信教育によっては、受験対策に関するテキストや、セミナーなどが充実しているところがありますので、必ずしも通信教育だから取得しづらい資格だとはいえないでしょう。

「医療事務の通信教育」と「通って資格を取る場合」の違い

「医療事務の通信教育」と「通って資格を取る場合」の違い
>> 資格無料資料請求はコチラ <<

それぞれのスクールや講座によって、全く変わってきます。


学習期間は、通信講座の方が1~2ヶ月長くなるものの、最近は非常に質の高いテキストや、バックアップ体制を整えている通信教育が増えてきましたので、そこまで多きな違いはありません。


また、通信教育の場合、テキストだけではなく、講義内容が収録されたDVDが付属されていることがありますので、教室で授業を受けているのと変わらない感覚で学ぶことも可能です。


それから、通信教育を受ける際に一番心配なのは、途中で挫折してしまうのではないのか?
ということですよね。


その点については、日本医療事務協会が提供している通信教育のように、一人ひとりに対して専門の講師が必ずついてくれるところを選ぶことで解消されるでしょう。


もちろん、学費の方は、通学制の方が若干高くなりますし、短期間で集中して学びたい人にとっては、大変お勧めの学び方ではありますが、最終的には、通信教育とそこまで大きな違いがないことが分かりますね。


ただし、普段働いている人にとっては、通信教育は大変便利ですし、自宅の近くに学校がない場合は、少々学習期間が長くなってしまうことは致し方ないといえます。


尚、週に1回から2回程度だけ通学しながら、学ぶことができる学校もありますので、最初から通信教育しかないと決めつけずに、いくつかの講座や学校の資料を請求して比較してみてはいかがでしょうか。

通信教育の場合、資格取得の学習期間は?

通信講座の場合、資格取得の学習期間は?

学習期間は、平均で3ヶ月から6ヶ月程度だと言われています。


これは、毎日どのくらいの時間学習できるのかによっても変わってくるのですが、途中レポートの提出が数回ありますので、どうしても勉強が進まない時は、無料で更に数ヶ月学習期間を延長することも可能となっています。


ただし、通信教育だからといって、すべて独学で学ばなければならないわけではありません。


ほとんどの通信教育は、無制限で質問することが可能となっています。
ですから、上手に活用していくことによって、延長をせずに学習を進めていくことは難しいことではないといえます。


質問方法は、郵送に限らず、メールでも可能な場合があるようですので、検討している通信教育の詳細について確認してみると良いでしょう。

通信教育の場合、資格取得の合格率は?

通信講座の場合、資格取得の合格率は?

合格率は通学制と比べると、そこまで著しく低下するわけではないようです。


どちらかというと、どの学校や団体が提供している講座を使って学ぶかによって、変わってくるといえますね。


例えば、日本医療事務協会の場合ですと、一般合格率が30%程度だと言われているにもかかわらず、講座受講生の合格率は45.2%とかなり高い実績を出しています。


もちろん、自分の勉強方法によって、合格率が変わってくることもありますが、実績のある通信教育を選ぶことによって、より合格率を高めることができると言っても過言ではないでしょう。


ようするに、自分に合った勉強法を取り入れている、通信教育を選ぶことがベストだということですね。


 >> 医療事務の資格無料資料請求はコチラ <<

通信教育の筆記試験や実技試験について

医療事務の筆記試験、実技試験についてですが、これは、どの種類の医療事務の筆記試験を受けるのかによって内容が変わってきます。


そもそも、実技試験はありませんので、すべて筆記試験となりますが、そのほとんどが、記述式や択一式だといえます。


例えば、医療事務技能審査試験の場合、実技Ⅰで患者接遇に関する問題を記述式で2問、学科で医療事務知識に関する問題を25問、これは択一式ですね。


そして、最後に実技IIで、診療報酬請求事務、診療報酬明細書点検の問題を4問といった具合です。


その他の資格としては、医療事務管理士®などがありますが、この場合は、実技Ⅰの患者接遇・院内コミュニケーションに関する問題を記述式で2問、学科で医事業務管理知識に関する問題を択一式で25問。


実技Ⅱで診療報酬請求事務、診療報酬明細書点検に関する問題を4問(出来高請求3問、包括評価請求1問)。


こちらもすべて、筆記で回答するということになっています。
択一式の問題数が多いですが、その他の記述式については、問題数が少ないとはいえ、試験時間が50分や70分予定されているということは、暗記するだけの勉強方法では対応できないことを表しています。


もちろん、試験前に対策はしているはずですので、難しく考えることはありませんが、大切なポイントを押さえた文章を、書くことが出来なければならないということですね。


このように、自分が取得したい医療事務の資格の試験内容については、学習している段階から意識しておくことが大切だといえます。

医療事務の資格が向いている人

医療事務の資格が向いている人

医療事務は、大変人気の高い資格の1つではありますが、事務という名前がついているとはいえ、ただ仕事だけをこなしていれば良いというわけではありません。


患者さんと接する機会があり、また、時には、医師や看護師には言うことが出来なかった、苦情なども聞かなければならないことがあります。


ですから、必然的にコミュニケーション能力が求められることは、言うまでもありません。


また、女性が多く活躍している仕事ということもあり、人間関係で悩む人が多いようです。
ですから、そういった人間関係や同僚との付き合いが、上手くできるような人にも向いていると言えるでしょう。


 >> 医療事務の資格無料資料請求はコチラ <<

向いていない人

向いていない人

資格さえ取得すれば、どこか就職先見つかるだろうと考えている人だといえます。


近年、医療事務の資格を取得している人が増加しすぎてしまい、就職先がなかなか見つからないというのが現状です。


また、以前、医療事務として働いていた人であっても、一度退職してしまったら、再就職しづらいということもあります。


どうしても、医療事務の仕事がしたいという場合は、話が別になりますが、そこまでの気持ちがないのであれば、初めから資格取得を目指すことは止めておいた方が良いでしょう。


それから、人付き合いが苦手な人にも向いていないといえます。
医療事務は病院の顔でもありますので、コミュニケーション能力が問われる仕事でもあります。


そのため、もしも自信がないということであれば、辞めておいた方が良いでしょう。

失敗しない通信講座選びの裏技紹介!

通信講座選びのポイント

医療事務の講座はスクールによって様々です。


知らない方も多いんですが、通信講座で資格をとる場合、
実は【資料請求先企業によって金額や内容が若干違う】が違うんです。


私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば、「〇チイ」と「ユー〇ャン」の会社から取り寄せた資料の内容は違います。
これは資料請求ページによってもよく分かります。


入学金の違いや、勉強期間や金額も違います。
安ければいいって事もありませんし、
期間が長ければいいって事もありません。


かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、後になって後悔なんてしたくありませんよね?


失敗しない通信講座選びの裏技


その方法とは、【色んな企業の通信講座の資料を取り寄せる】という事。


≪教育訓練給付金対応講座≫もたくさんありますし、中には、
≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。


受講費用や受講期間など、自分のライフスタイルに合った講座を複数のスクールから資料請求をして比較検討をしましょう。


医療事務の通信講座【無料資料請求先はコチラから】


教育訓練給付とは?

労働者や離職者が、自ら費用を負担して、厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講し修了した場合、本人がその教育訓練施設に支払った経費の一部を支給する雇用保険の給付制度です。