リフレクソロジーの通信教育【無料資料請求先はコチラから】

リフレクソロジーの資格は通信教育で取得は難しいのか?

リフレクソロジーの資格は通信教育で取得は難しいのか?
>> 資格無料資料請求はコチラ <<

基本的には、そこまで難易度が高いわけではなく、どちらかというと易しい部類に入るといえます。


また、リフレクソロジーの資格は、民間の資格となります。
ですから、各団体によって、資格の取得方法や、学ぶ内容に違いがあることを覚えておいた方が良いでしょう。


それから、通信教育では、テキストとDVDを使用して学習していくことがメインとなりますが、やはり一番しっかりと学んでいきたいのは、実技的なものですよね。


通信教育を提供している団体によっては、スクーリングや技術トレーニングができるクラスを別途用意しているところもあります。


ですから、実践しながらリフレクソロジーの技術を身につけていきたいと考えているのであれば、講師から直接指導を受けることが出来るような通信教育を探すと良いですね。


もちろん、テキストやDVDからでも十分学ぶことができますし、団体によっては比較的短期間で資格の取得をすることができるケースもあります。


しかし、このような形で資格を取得した後に、現場に出て学んできたことを活かせるのかというと、不安に感じる人は多いといえます。


やはり、学習期間に実際に学んだことを試してみて、自分のやり方が間違っていないかをその都度確認したいですよね。


これらのことは、リフレクソロジーの資格取得の難易度に、直接関わってこないようにも見えますが、各団体によって学びやすさは全く違いますので、無理なく学び続けることができる団体を選んだ方が良いでしょう。

「リフレクソロジーの通信教育」と「通って資格を取る場合」の違い

「リフレクソロジーの通信教育」と「通って資格を取る場合」の違い
>> 資格無料資料請求はコチラ <<

まず最初に言えることは、リフレクソロジーの各団体によって全く異なってくるということです。


また、最近は、通いながら資格を取得するスクールに通うといっても、全日制のように通うのではなく、都合が良い時に無理なく通えるスクールが増えてきています。


ですから、自宅の近くにスクールがない場合を除いては、通信教育で学ぶのと、通って資格を取るのとでは、そこまで違いはないともいえますね。


ただし、入学金や受講料、テキスト代、その他道具代などにかかる費用は、通信教育の方が安いですね。
スクールへ通う場合とでは、倍以上違うこともあります。


尚、スクールに通って資格を取得する場合ですと、実際にサロンにて研修を受けることができるケースもありますので、その点、通信教育で学ぶよりも、現場実習や実技の授業が充実しているということがいえます。


もちろん、通信教育の場合でも、スクーリングや実技研修のようなものが設けられていることもありますので、受講する前に必ずチェックしておくと良いでしょう。


ただし、スクーリングや実技研修は、別途費用が掛る場合もあります。
その点も、受講前にチェックしておきたいものです。


最終的にどうするか迷った際は、学びたいと考えている団体認定のサロンへ行って、施術を受けてみることをおすすめします。

通信教育の場合、資格取得の学習期間は?

通信講座の場合、資格取得の学習期間は?

学習期間は、平均で6ヶ月から1年程度でしょうか。


また、スクーリングや、実技にも力を入れている通信教育でしたら、そのほとんどが1年間程度かかると考えていて良いといえます。


週にどのくらいの時間を、学習時間に充てることができるかによっても、話は変わってきますので、あまり時間を取ることが出来ないのであれば、1年以上かかることもありますね。


ちなみに、通学制の場合ですと、資格取得までに大体6ヵ月程度かかるようですので、学習期間だけをみた限りでは、そこまで大きな違いがあるわけではないといえます。

通信教育の場合、資格取得の合格率は?

通信講座の場合、資格取得の合格率は?

資格取得の合格率についてですが、全体的には高めだといえます。


ただし、リフレクソロジーの資格は、民間の資格となっていますので、各団体によって資格取得の基準や決まりごとはバラバラです。


ですから、それに伴い、合格率にもバラつきがあるということが考えられます。


そこまで極端に、合格率が変わるということはなさそうですが、テキストやDVD、スクーリングなどを真面目にこなしていれば、問題なく合格するケースが多いということですね。


ようするに、通信教育だからといって、合格しづらいということではなく、どの団体から発行される資格かによって、若干難易度が変わってはきますが、計画的に学習を進めていけば、8~9割程度の確率で合格することができるということです。


 >> リフレクソロジーの資格無料資料請求はコチラ <<

通信教育の筆記試験や実技試験について

まず筆記試験についてですが、これは各団体によって形式が違ってきます。


大手の認定機構である、日本リフレクソロジスト認定機構(JREC)の場合ですと、ライセンスのレベルによって試験内容が違い、レギュラーライセンスであれば、筆記試験のみとなっています。


ただし、試験時間が2時間ですので、資格自体の難易度が低めとはいえ、リフレクソロジーの基礎知識についてはしっかりと答えることが出来るようになっていなければなりませんね。


また、マスターライセンスの認定試験となると、筆記試験、実技試験ともに2時間程度ずつ時間が掛ってきます。


ちなみに、実技試験が2時間かかると言っても、実際の試験自体は1時間程度で終わるようです。
これは、ただ施術をすれば良いというものではなく、口頭試問も含まれていますので、適切な施術ができるかどうかを判断される試験内容となっています。


レギュラーライセンスと、マスターライセンスは、どちらが良いというものではありません。
どちらを取得しても、お客様に施術やサービスを行うことが許されているからです。


ただし、マスターライセンスの方は、健康管理などの生活面のアドバイスを行うことも許されています。
ですから、今後、自分のサロンを経営していきたいと考えているのであれば、取得しておきたい資格ですね。


このように、リフレクソロジーの資格といっても、いくつかの段階に分かれており、自分自身がどこまでのサービスをお客様に提供していきたいのかによって、必要なライセンスの種類や、試験内容が変わるということです。

リフレクソロジーの資格が向いている人

リフレクソロジーの資格が向いている人

リフレクソロジーとは、ただ単に足の裏のツボを刺激するようなマッサージ、いわゆるフットマッサージと呼ばれるものとは違います。


足の裏には無数の反射区と呼ばれるものがあるのですが、その反射句を刺激しながら、心と体をケアしていくお仕事です。


また、施術にはほとんど力を使うことがないため、性別に関係なく活躍できるお仕事です。


人と話しながらコミュニケーションを取ることが好きだったり、癒しに興味がある人に向いている資格だと言えるでしょう。


また、ただ単にコミュニケーションを取るのではなく、お客さんの気持ちや、雰囲気に合わせることができるような、気遣いが求められることもあります。


 >> リフレクソロジーの資格無料資料請求はコチラ <<

向いていない人

向いていない人

人を癒すことに興味があるにもかかわらず、自分の健康管理には興味がない人だといえます。


どんなに素晴らしい施術を施すことができても、自分自身がとても不健康で、美容にも気を使っていない状況であれば、お客さんは違和感を感じてしまいますよね。


また、人と接することが苦手だと言う人にも、向いていないかもしれませんね。


施術を受けにやってくるお客さんは、様々な理由から癒しを求めてお店に来るわけですので、ちょっとした気遣いや、何気ない会話から癒されることもあるのです。


ですから、技術や知識だけあれば勤まる仕事ではなく、プロとしての自覚を持ち、常に向上心を持って癒しについて学び続けることができなければ、長くは勤まらないといえます。

失敗しない通信講座選びの裏技紹介!

通信講座選びのポイント

リフレクソロジーの講座はスクールによって様々です。


知らない方も多いんですが、通信講座で資格をとる場合、
実は【資料請求先企業によって金額や内容が若干違う】が違うんです。


私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば、「〇チイ」と「ユー〇ャン」の会社から取り寄せた資料の内容は違います。
これは資料請求ページによってもよく分かります。


入学金の違いや、勉強期間や金額も違います。
安ければいいって事もありませんし、
期間が長ければいいって事もありません。


かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、後になって後悔なんてしたくありませんよね?


失敗しない通信講座選びの裏技


その方法とは、【色んな企業の通信講座の資料を取り寄せる】という事。


≪教育訓練給付金対応講座≫もたくさんありますし、中には、
≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。


受講費用や受講期間など、自分のライフスタイルに合った講座を複数のスクールから資料請求をして比較検討をしましょう。


リフレクソロジーの通信教育【無料資料請求先はコチラから】


教育訓練給付とは?

労働者や離職者が、自ら費用を負担して、厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講し修了した場合、本人がその教育訓練施設に支払った経費の一部を支給する雇用保険の給付制度です。