メンタルケアトレーニングの通信講座【無料資料請求先はコチラから】

メンタルケアトレーニングの資格は通信教育で取得は難しいのか?

メンタルケアトレーニングの資格は通信教育で取得は難しいのか?
>> 資格無料資料請求はコチラ <<

メンタルケアトレーニングの資格取得は、通信教育では難しいのでしょうか。
確かに、試験の合格率は4割を切るくらいということもあり、簡単に取得できる資格ではないといえそうです。


しかし、これは、通学制であっても同じことがいえますね。
また、心の健康を保つためのサポートをするのが、メンタルケアトレーニングの仕事ですので、カウンセリング技法や心理学だけを学ぶのではなく、精神解剖生理学基礎についても学ぶ必要があります。


そのため、解剖生理学が苦手な方は、レポートを提出することに、大変苦労してしまうケースがあるようです。


このように見ていくと、通信教育では取得できない資格なのではないかと考えてしまうかもしれませんが、必ずしもそうとは言い切れません。


最近は、DVDに収録されている講義を見ながら、テキストを中心に学んでいくようになっていますし、その都度、添削レポートを提出することが求められるケースもあります。


これらを上手に活用すれば、自分の苦手分野を再確認しながら、克服していくことができますよね。


それから、場合によっては、別途費用と支払うと、電話で相談することが可能な通信講座もあるようですので、上手に活用すれば、自宅でも安心して学ぶことができるでしょう。


尚、認定試験を受ける前に、必ず模擬試験が用意されていますので、十分な試験対策についても心配することはありません。


以上の通りまとめますと、計画的に学習を進め、分からないところをそのままにしなければ、資格取得が難しいとは一概にいうことができないといえそうです。

「メンタルケアトレーニングの通信教育」と「通って資格を取る場合」の違い

「メンタルケアトレーニングの通信教育」と「通って資格を取る場合」の違い
>> 資格無料資料請求はコチラ <<

メンタルケアトレーニングの通信教育と、通って資格を取得する場合の違いについてですが、そもそも、通学制で資格を取得できるところが非常に少ないといえます。


ですから、ほとんどの場合は、通信教育で資格取得を目指すことになると言えるでしょう。


その中で、敢えていくつか違いを挙げるとすれば、まずは学費の違いですね。
通信教育の場合は、平均して4万円前後。
通学制の場合は、7万円から9万円程度学費がかかります。


また、どのような資格でも同じことが言えますが、通信教育の場合は、資格取得までに数ヶ月時間が掛ってしまいます。


そのため、できるだけ早くメンタルケアトレーニングの資格を取得したいのであれば、通信教育よりも通学制のスクールを選択した方が良いでしょう。


その他の違いとしては、通学制の場合は受講修了さえすれば、修了認定テストを受ける必要がないということです。


通信教育の場合は、必ず修了認定テストを受ける必要がありますが、認定試験対策にもなりますので、そこまで負担に感じることはないでしょう。


このように、それぞれいくつかの違いがありますが、最終的には、自分のライフスタイルや、どの程度学習に時間を割くことが出来るかによって決めていくことになりますね。


自宅で勉強するとなると、忙しい時は先延ばしにしてしまうことがありますが、通信教育によっては、受講期間を延長することができたり、無制限でサポートを受けることができるところがありますので、いくつかの学校を検討してみてください。

通信教育の場合、資格取得の学習期間は?

通信講座の場合、資格取得の学習期間は?

スクールの資料を確認してみると分かりますが、3ヶ月~4ヶ月が平均的な期間だといえるようです。


しかし、通信教育を活用して学んでいる人は、比較的忙しい人だといえますので、4ヶ月では修了認定テストまで進まないことがあります。


ですから、あらかじめ無料延長できる期間が、長めに設けられている通信教育を選ぶようにした方が良いといえますね。


特に、一番最初に学ぶことになる、精神解剖生理学や、その後に学ぶ精神医科学基礎で行き詰る人が多いようですので、覚えたことを忘れてしまわないうちに、一気に学習してしまうことがポイントだといえます。


忘れてしまうと、1から覚えていかなければならなくなりますので、必然的に受講期間を延長することになってしまいます。


モチベーションが低下することを防ぐためにも、計画性のある学習方法を取り入れたいものです。

通信教育の場合、資格取得の合格率は?

通信講座の場合、資格取得の合格率は?

資格取得の合格率は、だいたい38.2%だといわれています。


この数字だけ見ていると、通信教育ではもっと合格率が下がるのではないのかと感じてしまいますが、通学制よりも通信教育の方が合格しやすいという見解があります。


なぜなら、通信教育の場合は、レポート提出や、修了認定テストが用意されているため、自然と受験対策ができるからです。


ですから、しっかりと内容を把握さえしていれば、38.2%の合格率をそこまで気にする必要はないでしょう。


 >> メンタルケアトレーニングの資格無料資料請求はコチラ <<

通信教育の筆記試験や実技試験について

メンタルケアトレーニングを通信教育で学んだ場合の、筆記試験や実技試験は、一体どのような内容になっているのでしょうか。


まず、通信教育だからといって、通学制で学んだ場合と試験内容が変わることはありませんので、特別な対策をする必要はないといえます。


それではまず、筆記試験の内容から確認していきましょう。
出題範囲は、テキストを使って学んできた範囲のみとなっており、全部で20問出題されます。


受講している通信教育の団体によっては、試験対策のために過去問題集を提供しているケースがありますので、修了認定テストの際に出題された内容と合わせながら学んでおけば問題ないといえます。


次に、実技試験についてですが、メンタルケアトレーニングの試験の場合は、800文字程度の文章を作成します。


文章のテーマとしては、筆記試験の出題範囲と、ガイドラインの事柄についてということになっていますので、どちらかというと、実技試験のために別途勉強する必要があるということではなく、全体を通して内容を理解していれば、後は自分の言葉で書いていくだけです。


ちなみに、試験は自宅で行うようになっています。
試験当日の午前中に送付され、14時までに試験セットを受け取れない場合は無効となってしまいますので、注意が必要ですね。


受験後は、試験当日か翌日までに、指定された封筒に回答用紙を入れ、書留窓口へ提出します。


当日、翌日の消印がない場合も無効とされてしまいますので、その点にも注意しながら試験に臨みたいものです。

メンタルケアトレーニングの資格が向いている人

メンタルケアトレーニングの資格が向いている人

結論からいいますと、メンタルケアトレーニングの資格が向いている人とは、自分の経験や知識だけでカウンセリングをするのではなく、心と体、それから医学的な視点なども踏まえた上で、専門的なカウンセリングを行おうとする高い意識を持っている人だといえます。


一般的に考えられているようなカウンセラーとは違い、メンタルケアトレーニングの資格取得者に求められていることには、医療関係者との連携も含められています。


クライアントさんが、安心してなんでも話てくれるような信頼関係を作っていくためには、カウンセリングに関することだけを学んでいればいいというわけではないのです。


尚、元々雰囲気が優しい感じだったり、柔らかい感じの人にも向いているといえますね。


 >> メンタルケアトレーニングの資格無料資料請求はコチラ <<

向いていない人

向いていない人

ついついアドバイスしてしまう人や、相談内容に感情移入してしまう人だといえます。


専門的な知識や経験を活かして、医学的観点からカウンセリングしていかなければならない仕事ですので、冷静さや的確な判断が求められるからです。


思いやりを持って、真摯に向き合う姿勢は重要だといえますが、そこに自分の感情が入ってしまうと、適切な判断が出来なくなってしまいます。


また、カウンセラーを志望するする人にありがちですが、今まで自分自身が様々な苦労をしてきたため、クライアントさんの気持ちを理解してあげられると勘違いしている人も、向いていないかもしれません。

失敗しない通信講座選びの裏技紹介!

通信講座選びのポイント

メンタルケアトレーニングの講座はスクールによって様々です。


知らない方も多いんですが、通信講座で資格をとる場合、
実は【資料請求先企業によって金額や内容が若干違う】が違うんです。


私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば、「〇チイ」と「ユー〇ャン」の会社から取り寄せた資料の内容は違います。
これは資料請求ページによってもよく分かります。


入学金の違いや、勉強期間や金額も違います。
安ければいいって事もありませんし、
期間が長ければいいって事もありません。


かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、後になって後悔なんてしたくありませんよね?


失敗しない通信講座選びの裏技


その方法とは、【色んな企業の通信講座の資料を取り寄せる】という事。


≪教育訓練給付金対応講座≫もたくさんありますし、中には、
≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。


受講費用や受講期間など、自分のライフスタイルに合った講座を複数のスクールから資料請求をして比較検討をしましょう。


メンタルケアトレーニングの通信講座【無料資料請求先はコチラから】


教育訓練給付とは?

労働者や離職者が、自ら費用を負担して、厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講し修了した場合、本人がその教育訓練施設に支払った経費の一部を支給する雇用保険の給付制度です。