ホームヘルパー2級の通信講座【無料資料請求先はコチラから】

ホームヘルパー2級の資格は通信教育で取得は難しいのか?

ホームヘルパー2級の資格は通信教育で取得は難しいのか?
>> 資格無料資料請求はコチラ <<

ホームヘルパー2級の資格を、通信教育で取得することを目指しているのであれば、どのくらい難しいのか気になるところですよね。


現在、ホームヘルパー2級の資格には、試験がないため、通信教育でも資格を取得しやすい状況にあるといえます。
ただし、レポートの提出や実技スクーリング、実習がありますので、すべて休まずに参加しなければなりません。


そのため、現状では、資格取得は難しいとはいえないものの、実技スクーリングや実習のために、スケジュールを空けることができないという人は、資格取得が難しいといえます。


また、平成25年4月1日から、ホームヘルパー2級は、介護職員初任者へと名称が変わります。それに伴い、今までは無かった修了認定筆記試験を受けなければなりません。合格しない場合は、資格を取得することができないということです。


そうなると、今まで試験がなかった分、通信教育だと難易度が高くなるように感じてしまうかもしれませんが、詳細については厚生労働省からまだ何も発表がないため、一概に難しくなるとはいえないでしょう。


通信教育を提供している団体によっては、無料延長システムや、フォローアップ制度が用意されていることもありますので、しっかりと自宅で学びながらレポートを提出していれば、問題なく取得できる資格だと言えます。


ちなみに、自宅学習で学ぶ基礎知識は、平均ペースで約1ヶ月程度かかるようです。
最近は、通信教育でも実績のある団体が多数ありますので、色々と検討しながら自分に合った学び方を取り入れる必要があるでしょう。

「ホームヘルパー2級の通信教育」と「通って資格を取る場合」の違い

「ホームヘルパー2級の通信教育」と「通って資格を取る場合」の違い
>> 資格無料資料請求はコチラ <<

結論から言えば、座学で勉強する箇所を、自宅で参考書を片手に学ぶか、もしくは学校で複数の人達と学ぶかくらいの違いしかありません。


通信教育の方が、学費が安いというイメージがありますが、実際のところはそのようなこともなく、ホームヘルパー2級講座を行っている団体によっては、通学の方が学費が安い場合もあります。


また、通信教育の場合、早い人であれば2ヶ月程度で資格を取得するケースもあるようですが、通学して学ぶ場合は、最短1ヶ月で取得できることもあります。ですから、できるだけ早く資格を取得したいのであれば、1ヶ月で資格を取得できる、スクールを探した方が良いということになります。


ただし、平成25年4月1日から、ホームヘルパー2級の概要が大きく変わるため、学び方が若干変わる可能性があります。
現在は、現場体験できる機会がそれなりに用意されていますが、その時間が減らされ、修了評価試験が課せられるようになるからです。


今までは試験がなかったため、試験対策をする必要がありませんでしたが、今後必要となってくることを考えると、通信教育で学ぶことに不安を覚える人も出てくるといえます。


もしも、どうしても不安だということであれば、スクールによっては、土日などの決まった曜日だけ通学して、学ぶことが出来るコースが用意されていることもありますので、そのようなコースを選んで学んでいくと良いでしょう。

通信教育の場合、資格取得の学習期間は?

通信講座の場合、資格取得の学習期間は?

ホームヘルパー2級の通信教育の場合、資格取得までにかかる学習期間は、平均で4ヶ月前後だといわれています。


これは、あくまでも平均的な期間ですので、早い人は2ヶ月程度で取得してしまうこともありますし、実技スクーリングや、実習に参加するタイミングが合わなければ、もっと時間がかかることもあるといえます。


また、通信教育では、レポートを提出する必要があり、ただ単にテキストを覚えていけば良いというわけではありません。


ですから、学習した内容を、自分の言葉でまとめることができるくらい、計画的に勉強していかなければ、レポートを再提出する必要があるケースも出てくるということになります。


このように考えていくと、資格取得までにかなり時間がかかってしまうように見えますが、実際のところ、ほとんどの人が約1ヶ月程度でテキストを利用した学習と、レポート提出を終えているようです。
ですから、そこまで心配する必要はないといえるでしょう。


尚、実技スクーリングは48時間、実習は30時間と学習時間が決められています。
必ず参加する必要があるものですので、自分のタイミングに合わせて参加しましょう。

通信教育の場合、資格取得の合格率は?

通信講座の場合、資格取得の合格率は?

ホームヘルパー2級の場合の、資格取得の合格率についてですが、そもそも試験がないため、すべての学習と実技スクーリング、実習が修了すれば、誰でも資格を取得することが出来るようになっています。


しかし、平成25年4月1日から、介護職員初任者へと名称が変わり、修了試験が導入されることから、今よりも資格取得の難易度が高くなると予想されています。


現状では、合格率を予測することはできませんが、だからといって著しく学習すべき内容の難易度が高くなるとは考えにくいものです。
ですから、真剣に学んでさえいれば、誰でもとはいえなくとも、合格することは難しくないといえるでしょう。

通信教育の筆記試験や実技試験について

筆記試験と実技試験についてですが、現状ではいずれもありません
ただし、筆記試験ではなく、レポート提出がありますし、実技の方はスクーリングや実習が用意されています。


まず、レポート提出についてですが、これはホームヘルパー2級通信講座を提供している団体によって、回答方式が異なっています。
例えば、20問の質問に対して筆記で答えていくケースもありますし、マークシート式と記述式を取り入れた回答方式のところもあります。


内容としては、どの団体も大きく変ることはなく、主に、介護の理念や社会的役割、技術の基本的な知識と実践について、現在の介護保険と社会福祉の制度について回答することとなります。


また、スクーリングについては、特にレポートの提出などは求められないようですが、実習では記録の提出を求められることがあるようです。
そのため、受講している通信教育の団体に、必ず確認するようにしましょう。


尚、現状では筆記試験も、実技試験も用意されてはいないものの、平成25年4月1日より試験が導入されることが決まっています。
内容としては、実技試験、筆記試験があり、出題範囲や難易度などは全く決まっていません。


しかし、大きく学習内容が変更される予定はないようですし、あるとすれば、スクーリングに充てられる時間が増えるだけのようです。


ですから、レポート提出やスクーリング、実習を通してしっかりと学んでさえいれば、そこまで難しく考える必要はないといえます。

ホームヘルパー2級の資格が向いている人

ホームヘルパー2級の資格が向いている人

聞き上手であり、利用者の方の気持ちを理解しようと、日々努めることができる人だといえます。


介護サービスを使用している方は、一人ひとり状況が違います。ですから、サポートをしてあげているという接し方ではなく、共に過ごしていくという思いが重要となってくることがあります。


また、場合によっては、心のケアが必要となってくるケースも多々あります。


ですから、日常生活のサポートだけでなく、精神的な面からも寄り添うことが出来る人が向いているといえるでしょう。


それから、これは当たり前のことですが、笑顔で明るく、はっきりと、大きな声で挨拶できる人というのもポイントの1つです。


どんなに仕事が出来たとしても、無愛想な人には、誰も頼りたくないものです。


 >> ホームヘルパー2級の資格無料資料請求はコチラ <<

向いていない人

向いていない人

これから高齢化社会だということで、資格さえ持っていれば、何らかの仕事に就けるだろうと安易に考えている人だといえます。


確かに、今後益々、介護に携わる人材が必要とされてはきますが、安易な気持ちで勤まるような仕事ではありません。


また、人とコミュニケーションを図っていく仕事ですので、事務的なコミュニケーションしかとれない人にも向いていないと言えるでしょう。


それから、体力に自信がない人にも難しい仕事かもしれませんね。力仕事がある場合も多いですし、それに伴い腰を痛めてしまうケースもあるようです。


要するに、真剣に介護の仕事をしたいという人でなければ、勤まらない仕事だということですね。

失敗しない通信講座選びの裏技紹介!

通信講座選びのポイント

ホームヘルパー2級の講座はスクールによって様々です。


知らない方も多いんですが、通信講座で資格をとる場合、
実は【資料請求先企業によって金額や内容が若干違う】が違うんです。


私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば、「〇チイ」と「ユー〇ャン」の会社から取り寄せた資料の内容は違います。
これは資料請求ページによってもよく分かります。


入学金の違いや、勉強期間や金額も違います。
安ければいいって事もありませんし、
期間が長ければいいって事もありません。


かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、後になって後悔なんてしたくありませんよね?


失敗しない通信講座選びの裏技


その方法とは、【色んな企業の通信講座の資料を取り寄せる】という事。


≪教育訓練給付金対応講座≫もたくさんありますし、中には、
≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。


受講費用や受講期間など、自分のライフスタイルに合った講座を複数のスクールから資料請求をして比較検討をしましょう。


ホームヘルパー2級の通信講座【無料資料請求先はコチラから】


教育訓練給付とは?

労働者や離職者が、自ら費用を負担して、厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講し修了した場合、本人がその教育訓練施設に支払った経費の一部を支給する雇用保険の給付制度です。