チャイルドマインダーの通信講座【無料資料請求先はコチラから】

チャイルドマインダーの資格は通信教育で取得は難しいのか?

チャイルドマインダーの資格は通信教育で取得は難しいのか?
>> 資格無料資料請求はコチラ <<

在宅や訪問で仕事をすることができるチャイルドマインダーは、民間の保育施設、ベビーシッターとして活躍する際に必要となる資格の1つです。


チャイルドマインダーの資格を取得するためには、「NCMAJapan」、「チャイルドマインダージャパン」など、日本チャイルドマインダー協会指定校が認定している団体の講座を受講し、試験を受ける必要があります。


また、通所で学ぶことが難しい場合は、通信教育を利用して自宅で学ぶこともできますので、自分のライフスタイルに合った学習方法を選択し、資格取得を目指していくと良いでしょう。


尚、通信教育を受ける場合は、「ヒューマンアカデミー」、「NCMAJapan」、「キャリアカレッジジャパン」、「チャイルドマインダージャパン」などの講座を受ける必要がありますが、通信教育だからといって、極端に資格取得が難しくなるというわけではありません。


そもそも、スクールに通いながら資格取得を目指した場合でも、70%くらいの合格率がありますし、「チャイルドマインダージャパン」の独自調査によると、同スクールの通信講座受講後の合格率は、95%以上となっていたことからも、難易度は低めと考えられます。


ただし、一般的な資格よりも短期間で取得できるとはいえ、それでも数カ月は学び続けなければなりません。


そのため、人によってはモチベーションの維持や、勉強のための時間管理が非常に大変な場合があるといえます。
場合によっては、資格取得までの道のりが長くなってしまうことも否めません。

「チャイルドマインダーの通信教育」と「通って資格を取る場合」の違い

「チャイルドマインダーの通信教育」と「通って資格を取る場合」の違い
>> 資格無料資料請求はコチラ <<

チャイルドマインダーの資格取得を目指す際、通信教育で学ぶのか、それとも通学しながら学ぶのかで悩む方は多いといえます。


それぞれに、メリット、デメリットがありますので、一概にどちらが良いとはいえませんが、2つの学び方の違いについて見ていくことにしましょう。


まずは、学費についてですが、通信教育の場合、自宅で学ぶことが出来る分、学費が安いのが特徴です。
しかし、どの組織が主催している通信教育なのかによって、学費は変わってきますので、場合によっては通学制の学校と変わらないくらい学費が掛ることがあります。


また、学習内容については、使用する教科書の内容が、通信教育も通学制もさほど変わりがないことから、どちらの方が良いと言いきれないところがあるといえるでしょう。


ただし、分からないことがあった際に、すぐに質問できる環境の方が学びやすいということであれば、通学制の方が合っているといえます。


それから、通信教育とはいえ、実践的なカリキュラムの時だけは、スクーリングに参加して学ばなければなりません。
長期間に亘って行われるわけではありませんし、たったの2日間程度で修了するものばかりですので、そこまで心配することはないでしょう。


その他の違いといえば、やはりモチベーションの維持でしょうか。
通学制であれば、一緒に学ぶ仲間がいるため、様々な面で助け合っていくことができますが、自宅で学んでいると、つい先延ばしにしてしまうなど、勉強が捗らないことがあります。


しかし、通信教育を提供している組織によっては、気軽に相談できるところもありますので、通学制と同じようにというわけにはいきませんが、チェックしておくと良いでしょう。

通信教育の場合、資格取得の学習期間は?

通信講座の場合、資格取得の学習期間は?

おおよその目安とはなってしまいますが、大体2ヶ月から6ヵ月かかるといわれています。


ようするに、2ヶ月だけ集中して学んで、資格を取得してしまう人は、比較的勉強をする時間を確保しやすい環境にあり、場合によっては元々保育系の勉強をしていた経験があるとも考えられます。


しかし、大切なことは、自分のペースでしっかりと学んでいくことですので、「2ヶ月で取得できる人もいるんだな程度」の認識で良いといえます。


また、通学制でも、週2回の通学で4~6ヵ月かけて資格を取得する人もいます。


そう考えていくと、自分で無理のない学習計画を立てて、コツコツと学んでいけば、通学制とは変わらないくらいの期間で取得することもできるといえますね。

通信教育の場合、資格取得の合格率は?

通信講座の場合、資格取得の合格率は?

通信教育のみで、チャイルドマインダーについて学んだ際の合格率についてですが、おおよそ6割から7割程度だとされています。


これは、自宅でカリキュラムをこなし、受験対策も行った上での数字ですので、ちょっと勉強をしたくらいで簡単に取得できるというものではありません。


しかし、だからといって、難易度の高い資格ということでもなく、同じ保育系の資格である保育士の合格率と比べると、はるかに高い数字だといえます。


また、どの団体の通信教育を取り入れるかによっても、合格率は変化してきますので、資料請求をしながら自分に合った学習方法をみつけて学ぶことが重要だといえます。


 >> チャイルドマインダーの資格無料資料請求はコチラ <<

通信教育の筆記試験や実技試験について

チャイルドマインダーの資格を、通信教育で取得する際の試験内容についてですが、学んできたことが一通り出題されると考えていて良いといえます。


また、自宅で試験を受けて、その後、郵送するという流れとなっていますので、試験会場へ行って試験を受けると緊張してしまうという人は、リラックスしながら試験に臨めるといえるでしょう。


どの団体の通信講座を受けるのかにもよりますが、ほとんどの場合、教材が手元に届いた際に、試験課題が同封されていることが多いため、試験のために丸暗記をする勉強を行うのではなく、しっかりと内容を理解して、自分の言葉で答えることが求められます。


問題によっては、○や×などで答えるものもありますが、一部の問題のみですので、軽く考えていると追試を受けることになりかねません。


また、保育士や幼稚園教諭とは違い、実技試験がありません。ですから、その分、筆記試験対策に集中して取り組むことができるといえます。


ただし、実技試験がないとはいえ、実技実習が用意されています。
内容としては、怪我の応急処置や、絵本の読みきかせ、おむつ交換や 沐浴、お弁当づくりなどがあります。


実技実習は期間が短いため、深く学ぶことはできませんが、課題が用意されているケースがほとんどですので、スクーリングで学ぶだけではなく、しっかりと課題をこなして単位を取得する必要があります。


自宅で勉強しただけで、本当に資格を取得することができるのかと不安に思う人は多いといえますが、しっかりと試験対策さえしていれば、そこまで心配する必要はありません。

チャイルドマインダーの資格が向いている人

チャイルドマインダーの資格が向いている人

愛情を持って子供に接することができる人だといえます。


また、保育士や幼稚園教諭とは違い、0歳から12歳までの子供達をお預かりする仕事ですので、子供が好きだという気持ちだけでは勤まらないといえるでしょう。


なぜなら、優しさだけが求められるわけではなく、時には躾を行わなければならないこともあるからです。


また、保護者によって、教育方針に違いがありますので、子供とのコミュニケーションだけでなく、保護者とよく話し合った上で、適切なサポートができるような臨機応変さが求められることもあります。


このように、保育園や幼稚園で勤務する場合と、それほど大きな差はないようにも見えますが、少人数の子供たちを預かるという特徴を活かし、それぞれの家庭のニーズに合わせた対応をしていきたい人には、ぴったりの資格だといえるでしょう。


 >> チャイルドマインダーの資格無料資料請求はコチラ <<

向いていない人

向いていない人

保育園や幼稚園と同じように、ほぼ毎日、子供たちと接していきたい人だといえるでしょう。


なぜなら、チャイルドマインダーの場合は、短時間子供たちを預かるケースが多く、基本的に仕事は自分で営業をかけて取りにいくか、何らかの団体などに所属する必要があるからです。


そのため、チャイルドマインダーの資格だけを取得して、仕事を探そうと考えているのであれば、なかなか仕事がないのが現状です。


コンスタントに仕事を得るためには、営業力も必要となってくるため、収入を得るという意味でも、努力が求められます。

失敗しない通信講座選びの裏技紹介!

通信講座選びのポイント

チャイルドマインダーの講座はスクールによって様々です。


知らない方も多いんですが、通信講座で資格をとる場合、
実は【資料請求先企業によって金額や内容が若干違う】が違うんです。


私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば、「〇チイ」と「ユー〇ャン」の会社から取り寄せた資料の内容は違います。
これは資料請求ページによってもよく分かります。


入学金の違いや、勉強期間や金額も違います。
安ければいいって事もありませんし、
期間が長ければいいって事もありません。


かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、後になって後悔なんてしたくありませんよね?


失敗しない通信講座選びの裏技


その方法とは、【色んな企業の通信講座の資料を取り寄せる】という事。


≪教育訓練給付金対応講座≫もたくさんありますし、中には、
≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。


受講費用や受講期間など、自分のライフスタイルに合った講座を複数のスクールから資料請求をして比較検討をしましょう。


チャイルドマインダーの通信講座【無料資料請求先はコチラから】


教育訓練給付とは?

労働者や離職者が、自ら費用を負担して、厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講し修了した場合、本人がその教育訓練施設に支払った経費の一部を支給する雇用保険の給付制度です。