ガイドヘルパーの養成講座【無料資料請求先はコチラから】

ガイドヘルパーの資格は養成講座で取得は難しいのか?

ガイドヘルパーの資格は養成講座で取得は難しいのか?
>> 資格無料資料請求はコチラ <<

障害者支援のため、外出先での支援や介護などのお手伝いをするガイドヘルパーですが、養成講座で資格を取得することは可能なのでしょうか。


資格を取得するというと、一般的には試験を受けて合格しなければならないというイメージがありますが、ガイドヘルパーの場合、各自治体が行っている研修を受けるか、もしくは各自治体が認定しているスクール等にて研修を受けることで、資格を取得することが可能となっています。


尚、研修の中には、実践演習を受けるカリキュラムが含まれているのですが、養成講座の場合でも、スクール等で演実践習を受けることが出来るようになっていますので心配ありません。


また、受験資格についてですが、特に制限はありません。
ですから、決められた講座を受け、全過程を修了することができれば、無試験で誰にでもガイドヘルパー認定終了証明書が発行されるようになっています。


ようするに、養成講座だからといって、資格の取得が難しということは一切ないといえるのです。
それから、養成講座に取り組む期間は、大体10日程度と短い期間に設定されています。


ただし、すでにホームヘルパー2級以上の資格を取得している場合は、カリキュラムの一部が免除されることもあり、実際には3日程度で全日程を修了させることも可能となっています。


他にも、研修期間が免除される資格がいくつかありますので、詳細については各都道府県の福祉担当課などに問い合わせて、直接相談してみると良いですね。

「ガイドヘルパーの養成講座」と「通って資格を取る場合」の違い

「ガイドヘルパーの養成講座」と「通って資格を取る場合」の違い
>> 資格無料資料請求はコチラ <<

「ガイドヘルパーの養成講座」と「通って資格を取る場合」の違いについてですが、大きな違いはありません。


自宅で学ぶ養成講座の場合は、自分の時間の都合に合わせて学ぶことができるため、普段忙しい人にとっては学びやすいといえるでしょう。


その点、スクールなどに通って資格取得を目指す場合は、その間のスケジュールを調整する必要がありますので、まとまった時間を空ける必要が出てきます。


また、カリキュラムの中には、交通機関を利用した実践演習が含まれています。そのため、養成講座を活用して資格取得を目指す場合は、その演習の日のみ、時間を空けておく必要があることを覚えておいて下さい。


尚、カリキュラムの内容は、視覚障害者移動支援従業者養成研修課程、全身性障害者移動支援従業者養成研修課程、知的障害者移動支援従業者養成研修課程の3つに分かれており、それぞれ15時間から20時間程度の受講時間が設けられています。


ただし、介護福祉士、ホームヘルパー2級の資格をすでに取得している状況であれば、知的障害者移動支援従業者養成研修課程が免除されるようになっています。
その分早くガイドヘルパーに資格を取得出来るようになるといえるでしょう。


それから、資格取得にかかる費用についてですが、ガイドヘルパーの養成講座の方が独学で学ぶ分少々安くなっています。


スクールなどに通う場合は、4万円前後はかかるといわれていますので、その点も、自分の状況に合わせて決めていくと良いですね。

養成講座の場合、資格取得の学習期間は?

通信講座の場合、資格取得の学習期間は?

ガイドヘルパーの養成講座の場合、資格取得の学習期間はどのくらいかかるのかについてですが、他の資格と比べると、取り組み方によっては、短い学習期間で済む場合があります。


しかし、自分のペースで学習を進めることが出来る分、時間を決めて取り組まなければ、資格取得までにかなり時間が掛ってしまうということにもなりかねません。


養成講座によっては、3日程度や長くても1ヶ月程度と表示されていることがありますが、あくまでも目安ですので、どのくらい計画的に時間を作ることができるかが重要となってきます。


そのため、集中して学ぶためには、あらかじめ分からないことを気軽に質問できるような仕組みを取り入れている養成講座を選ぶようにすると良いでしょう。


その方が、途中で挫折することを避けることができますし、独学でも学びやすいといえます。

養成講座の場合、資格取得の合格率は?

通信講座の場合、資格取得の合格率は?

ガイドヘルパー養成講座の、資格取得の合格率についてですが、そもそも試験がなく、すべてのカリキュラムを修了すれば資格取得が可能となっているため、合格率は100%といっても過言ではありません。


また、講座の受講に制限が設けられているわけでもなく、学歴や他の資格を取得している必要もありませんので、大変取得しやすい資格だといえるでしょう。


しかし、ガイドヘルパーの場合、視覚障害者、身体障害者、知的障害者の方々が、外出する際のサポートをするお仕事ですので、専門的なことを学んでおかなければならないところがたくさんあります。


試験がないからといって、簡単に資格を取得することができると考えず、しっかりと学ぶ姿勢が重要だといえるでしょう。


 >> ガイドヘルパーの資格無料資料請求はコチラ <<

養成講座の筆記試験や実技試験について

ガイドヘルパー養成講座の筆記試験、実技試験についてですが、そもそもガイドヘルパーの資格取得には、試験が一切ありません。
ですから、一般的な資格取得とは違い、試験勉強をする必要がないのです。


ただし、各自治体が指定している研修を受ける必要があります。
内容としては3つに分かれており、どれか一つでも欠けてしまっては、資格の取得ができない仕組みとなっていますので、注意が必要です。


具体的な内容についてですが、視覚障害者移動支援従業者養成研修課程、全身性障害者移動支援従業者養成研修課程、知的障害者移動支援従業者養成研修課程となっており、その中に実践演習も含まれています。


そのため、実際に交通機関を使って、現場に近い環境でサポートを行う際に必要な、スキルや知識も学べるようになっているのです。


試験が無く、比較的短期間で取得できる資格だということもあって、安易に考えてしまう人が多いといえますが、一般的にはガイドヘルパーの資格だけを取得しても、仕事に就くことが難しくなってきています。


ですから、より広く活躍していきたいと考えている人は、ホームヘルパーや介護福祉士の資格と一緒に取得するケースが増えてきているともいえます。


これから、独学でガイドヘルパーについて学びたいと考えている場合は、上記の点を踏まえた上で、より広く知識を習得し、できればガイドヘルパー以外にも、関連のある資格取得を目指していった方が良いといえるでしょう。

ガイドヘルパーの資格が向いている人

ガイドヘルパーの資格が向いている人

ガイドヘルパーは、体の不自由な方、視覚障害を持っている方、知能障害を持っている方が外出する際の、サポートを行うお仕事です。


そのため、安全に移動することが出来るよう、お手伝いすることはもちろんのこと、安心して外出できるように、利用者の方に寄り添いながら、時には自立や地域社会への参加についてもサポートしていかなければなりません。


ですから、本当に人の役に立ちたいと考え、福祉や介護の仕事が好きだという気持ちを持っている人が、ガイドヘルパーの資格に向いているといえます。


また主に、日常生活の支援を行っていくことがメインとなってきますので、思いやりがあって、気配りができることも重要な要素の1つだといえますね。


 >> ガイドヘルパーの資格無料資料請求はコチラ <<

向いていない人

向いていない人

人とコミュニケーションを取ることが苦手だったり、福祉関連の仕事に興味がない人が当てはまるといえます。


利用者の方の障害は、一人ひとり違いがありますし、自分が学んできた知識や、実際に体験してきたことからは想定できなかったことが起こることもあります。


ですから、直接関わっていきながら、臨機応変に対応することや、真摯に向き合っていく姿勢が求められる仕事でもあるということですね。


このように考えていくと、気が短い人や、忍耐強くない人、大雑把でいい加減な人も、場合によっては向いていないことが考えられます。


ガイドヘルパーの場合、カリキュラムをすべて受講するだけで、資格が取得できてしまうことから、中には安易に考えて取得する人もいるようです。
人と関わる仕事ですから、そのような気持ちでサポートをされても、利用者の方に喜んでもらうことはできないでしょう。

失敗しない養成講座選びの裏技紹介!

通信講座選びのポイント

ガイドヘルパーの講座はスクールによって様々です。


知らない方も多いんですが、通信講座で資格をとる場合、
実は【資料請求先企業によって金額や内容が若干違う】が違うんです。


私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば、「〇チイ」と「ユー〇ャン」の会社から取り寄せた資料の内容は違います。
これは資料請求ページによってもよく分かります。


入学金の違いや、勉強期間や金額も違います。
安ければいいって事もありませんし、
期間が長ければいいって事もありません。


かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、後になって後悔なんてしたくありませんよね?


失敗しない養成講座選びの裏技


その方法とは、【色んな企業の養成講座の資料を取り寄せる】という事。


≪教育訓練給付金対応講座≫もたくさんありますし、中には、
≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。


受講費用や受講期間など、自分のライフスタイルに合った講座を複数のスクールから資料請求をして比較検討をしましょう。


ガイドヘルパーの養成講座【無料資料請求先はコチラから】


教育訓練給付とは?

労働者や離職者が、自ら費用を負担して、厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講し修了した場合、本人がその教育訓練施設に支払った経費の一部を支給する雇用保険の給付制度です。