登録販売者の通信教育【無料資料請求先はコチラから】

登録販売者の資格は通信教育で取得は難しいのか?

登録販売者の資格は通信教育で取得は難しいのか?
>> 資格無料資料請求はコチラ <<

登録販売者とは、薬の専門家と呼ばれており、一般用の医薬品を販売することができる資格です。


2006年に薬事法が改正されたことにより、それまでは薬剤師がいなければ、薬を販売することができませんでしたが、今では登録販売者の資格を持っている人がいれば、一般用の医薬品を販売することができるようになりました。


登録販売者の資格を、通信教育で取得する際、難易度はどの程度となっているかについてですが、その前に、受験資格について触れておくことにします。


実は、通信教育を受講しただけでは、受験資格を取得することはできず、決まりとしては、1年間続けて月80時間以上勤務し、尚且つ勤務していたことを証明できることや、高校を卒業しており1年間の実務経験があるなど、いくつかの条件があります。


国家資格ではありませんが、薬品関連ということで、通信教育では取得しづらい資格のように感じてしまいがちですよね。


しかし、合格率がそこまで低くないことから、通信教育を活用して学んでも、十分取得することができる資格だといえます。


特に、最近では、ドラッグストアや薬局などに勤めている人が、働きながら通信教育を受講して試験を受けるケースが多く、今後、ドラッグストア、薬局だけに止まらず、コンビニや薬品関連のお店などで働く際は、必須資格となる可能性が高いといえます。


通信教育では、主に受験対策となりますが、質の高い通信教育がいくつかありますので、その中でも合格率が高く実績がある講座を選ぶようにすると良いでしょう。

「登録販売者の通信教育」と「通って資格を取る場合」の違い

「登録販売者の通信教育」と「通って資格を取る場合」の違い
>> 資格無料資料請求はコチラ <<

一番大きな違いは、受験資格だといえます。


登録販売者の通信教育を受講しても、受験資格を取得出来るわけではありませんので、薬局やドラッグストアで働きながら、資格の取得を目指す必要があります。


一方、学校へ通って資格を取得する道を選択した場合ですが、6年生の医学部、もしくは旧4年制薬学部を卒業しているということであれば、実務経験がなくても受験資格を取得することができます。


いずれにしても、必ず試験を受けなければなりませんが、これから登録販売者の資格を取得したいのであれば、必然的に実務経験を積みながら、通信教育や独学で勉強することになるといえます。


ただし、独学で勉強してしまうと、試験対策の方法が分からなかったり、果たして、この勉強方法で間違っていないかなど、色々と不安に思うことがあるといえます。


ですから、あらかじめ要点がまとまっており、CDやDVDが付いてくる通信教育から学んだ方が、独学で学ぶよりも効率的ではありますね。


人によっては、通信教育は必要がないと言う人もいますが、こればかりは自分が学習しやすい方法を選択することをお勧めします。


今から薬学部を目指すとなると、かなり勉強が必要となりますが、薬剤師を目指すということでなければ、そこまでする必要はありません。


ちなみに、通信教育の中では、現役の薬剤師の方が講師としてアドバイスしていることがありますので、いくつかの通信教育を比較してみると良いでしょう。

通信教育の場合、資格取得の学習期間は?

通信講座の場合、資格取得の学習期間は?

登録販売者の通信教育の場合、資格取得までにかかる期間は最低でも1年だといえるでしょう。


これはあくまでも、これから資格を取得するための勉強を始めるという条件が付いてしまいますが、通信教育で配布されたテキストなどを使った学習期間は、平均で3~4ヶ月程度だといえそうです。


なぜ、最低でも1年必要となるかといいますと、実務経験がなければ、受験資格を取得することができないからです。


実務経験といっても決して難しいものではなく、アルバイトやパートなどで、一般薬品の販売等に直接かかわることができれば良いとされています。


詳細は、ここでは割愛しますが、願書を提出する時までに、1年を過ぎていなければならないということではなく、試験当日までに1年を過ぎる見込みがあり、雇用主に見込み証明書を作成してもらうことができれば問題はないということです。

通信教育の場合、資格取得の合格率は?

通信講座の場合、資格取得の合格率は?

試験の際に出題される問題数は120問とされており、その70%以上をクリアすることができれば、合格することができるといわれています。


ただし、問題は全部で5章に分かれており、その中で正解率が35%を切った章があった場合は不合格になってしまいます。


しかし、都道府県別に見てみると、合格率が80%を超えているところもあり、一概に難しいとはいえないのが現状です。


全国の平均としてはだいたい70%程度となっていますので、通信教育で学んだとしても、全体的にバランスのとれた勉強方法を取り入れていれば、問題なく合格することができるでしょう。


 >> 登録販売者の資格無料資料請求はコチラ <<

通信教育の筆記試験や実技試験について

登録販売者の通信教育を受講し、これから試験を受けると言うことであれば、試験内容が気になりますよね。


実技試験は無く、筆記試験のみとなりますが、回答方式はマークシート形式で記述は特にありません。


また、試験内容は全部で5章に分かれており、具体的な試験内容としては、医薬品に共通する特性と基本的な知識、人体の働きと医薬品、主な医薬品とその作用、薬事関係法規・制度、医薬品の適正使用・安全対策となっています。


ちなみに、この登録販売者の資格は、全国各地で行われており、1年間に複数回受験することが可能です。


ですから、自分が住んでいる都道府県では1度しか受験することができないにしても、他の都道府県へ行って受験することができるということですね。


他の都道府県で合格した場合でも、何か制限があるわけではありませんので、自分が住んでいる地域で、取得した資格を活かすことも可能です。


そのため、滑り止めとして複数の試験を受けておくこともできますし、わざわざ合格率が高い都道府県へ行って試験を受けることも可能だということですね。


ただし、毎年、試験の難易度が高くなってきていますので、資格を取得すると決めたのであれば、何としてでも早目に取得しておきたいものです。


通信教育の中では、受験対策用に作られた講座がたくさんありますので、一通り学んだ後は、とにかく過去の問題集を一通りこなしておくことで、あらゆる問題に対応できるようになるといえます。

登録販売者の資格が向いている人

登録販売者の資格が向いている人

医薬品に限らず、人の体や健康に興味があり、困っている人をサポートすることが好きな人だといえます。


また、直接人と関わることが多い仕事ですので、思いやりがあり、コミュニケーションを取ることが得意な人も向いていますね。


他に挙げるとすれば、元々医療関係で働いていた経験がある人にも、向いているといえるでしょう。


なぜなら、薬品や病気の名前を元々理解していることから、登録販売者の勉強を理解しやすいといえますし、特に看護師だった経験がある人であれば、そこまで難しいと感じないのではないでしょうか。


非常に広い範囲で、専門的な知識が求められる仕事ではありますが、その分やりがいがありますので、向上心が高い人にもおすすめ出来る資格だといえます。


 >> 登録販売者の資格無料資料請求はコチラ <<

向いていない人

向いていない人

勉強熱心ではない人だといえるのではないでしょうか。


医学の進歩に伴い、薬品も日々変化していきます。
ですから、登録販売者は、その都度、学び続けていかなければなりませんよね。


そのような努力を面倒に感じてしまう場合は、最初から資格取得を辞めておいた方が良いですね。


それから、人と接することや、知らない人に話しかけることが苦手な人にも向いていないかもしれません。


仕事だからといって、あまり事務的になってしまうと、相手に良い印象を与えません。


専門職ではありますが、同時に接客業でもありますので、お客さんに対する心遣いも求められるといえます。

失敗しない通信講座選びの裏技紹介!

通信講座選びのポイント

登録販売者の講座はスクールによって様々です。


知らない方も多いんですが、通信講座で資格をとる場合、
実は【資料請求先企業によって金額や内容が若干違う】が違うんです。


私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば、「〇チイ」と「ユー〇ャン」の会社から取り寄せた資料の内容は違います。
これは資料請求ページによってもよく分かります。


入学金の違いや、勉強期間や金額も違います。
安ければいいって事もありませんし、
期間が長ければいいって事もありません。


かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、後になって後悔なんてしたくありませんよね?


失敗しない通信講座選びの裏技


その方法とは、【色んな企業の通信講座の資料を取り寄せる】という事。


≪教育訓練給付金対応講座≫もたくさんありますし、中には、
≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。


受講費用や受講期間など、自分のライフスタイルに合った講座を複数のスクールから資料請求をして比較検討をしましょう。


登録販売者の通信教育【無料資料請求先はコチラから】


教育訓練給付とは?

労働者や離職者が、自ら費用を負担して、厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講し修了した場合、本人がその教育訓練施設に支払った経費の一部を支給する雇用保険の給付制度です。