心理カウンセラーの通信教育【無料資料請求先はコチラから】

心理カウンセラーの資格は通信教育で取得は難しいのか?

心理カウンセラーの資格は通信教育で取得は難しいのか?
>> 資格無料資料請求はコチラ <<

心理カウンセラーといっても複数の資格があるため、どの資格を取得するのかによって、若干難易度が変わってきます。


しかし、通信教育だからといって、資格を取得することが難しいというわけではないようです。


そもそも、心理カウンセラーは、特に資格を必要としない職業だといわれています。


だからといって、心理学等を全く学ばずにカウンセラーになる人は非常に少なく、一般的には学校や通信教育を受講して、認定してもらうことが多いようです。


また、一言で心理カウンセラーと言っても、いくつかの種類がありますので、自分の目的に合わせたコースや講座を選択する必要があります。


尚、心理カウンセラーの資格の中には、1級心理カウンセラーのように、協会が指定している1級養成講座を修了することで、試験を受けずに取得できるものもあります。


要するに、自分が受講したい講座やコースを提供している大元が、どの協会のものなのかによっても、話が変わってくるということですね。


このように、資格の取得方法や難易度は様々ではありますが、公的資格ではないため、自称心理カウンセラーが非常にたくさんいるというのが現実です。


将来的に、心理カウンセラーとして活躍していきたいのであれば、数ヶ月で修了してしまう講座やコースではなく、年単位で実技的なものもしっかりと学ぶことができる通信講座を選ぶことをお勧めします。

「心理カウンセラーの通信教育」と「通って資格を取る場合」の違い

「心理カウンセラーの通信教育」と「通って資格を取る場合」の違い
>> 資格無料資料請求はコチラ <<

まずは通信教育についてみていくことにしましょう、


心理カウンセラーの通信教育は、非常に種類が豊富で、今まで心理学を学んだことがない人でも、一から学ぶことができるようになっています。


ですから、内容が充実している通信教育を選択し、しっかり学んでさえいれば、十分な知識、スキルを身につけることが可能です。


受講期間は、ほとんどが4ヶ月程度の短い期間となっていますが、だからといって内容が薄いというわけではありません。


大抵は、その後に上級編が用意されていますので、段階を追って、より知識やスキルを高めていくといった流れになるといえます。


一方、通学制の学校についてですが、いくつかの協会が主催している学校などに入学し、資格認定講座を受講することになります。


それ以外の方法としては、大学通信課程を利用するという方法もありますね。


より専門的に心理学を学びたい人にお勧めだといえますが、中には、文部科学省認可の正式な大学通信教育がありますので、興味がある場合は検討してみると良いでしょう。


入学試験自体は、そこまで難易度が高いわけではなく、書類選考かもしくは小論文となっていますので、わりと入学しやすいのではないでしょうか。


他の通学制の学校と比べると、学ぶことができる範囲が広く、かなり専門的なことまで勉強することができます。


それから、在学中に、心理学関連の資格取得を目指すこともできますので、あらゆる試験対策をしやすくなるともいえますね。

通信教育の場合、資格取得の学習期間は?

通信講座の場合、資格取得の学習期間は?

資格取得までにかかる学習期間は、おおよそで4ヶ月から1年間程度となっています。


基本的なことだけを学ぶことができる講座であれば、1ヶ月程度で資格を取得できるものもありますが、今後、専門家として活躍していきたいのであれば、それだけでは不十分だといえるでしょう。


学費も通学制と比べると安い場合が多く、数ヶ月程度で修了してしまうものであれば、4万円前後くらいはかかります。


また、通信教育の中には、年単位で学ぶことができるところもあるため、その場合は20万~30万円程度、学費がかかりますね。


ただし、大学の通信教育の場合は、卒業とともに認定心理士や心理相談員の資格を取得できることもあるため、入試を受けて大学へ入学するよりもかなり安く学ぶことができるといえます。

通信教育の場合、資格取得の合格率は?

通信講座の場合、資格取得の合格率は?

全体を通して、資格取得の合格率は高めだといえます。


どのようなカウンセリングを行いたいのかによって、取得しなければならない資格が変わってきますので、必然的に難易度や合格率も違ってきますが、難易度が高いといわれている、臨床心理士の資格試験でも、合格率は7割前後です。


ですから、その他の心理カウンセラーの資格においても、ほとんど同様か、もしくはそれ以上の合格率だと考えておいて良いでしょう。


正式に合格率が公表されているケースは、非常に少ないですが、通信教育を提供している団体や学校によっては、前年の合格率を公表していることがあります。


そのため、気になる場合は、資料を取り寄せた際に、比較してみると良いでしょう。


 >> 心理カウンセラーの資格無料資料請求はコチラ <<

通信教育の筆記試験や実技試験について

これはどのような種類の資格を取得するのかによって、全く変わってくるといえます。


たとえば、日本カウンセラー連盟が主催している、心理カウンセラー認定試験であれば、筆記試験と実技試験が用意されており、初級試験のみ、実技を受けなくても良いことになっています。


それから、他の心理カウンセラー関連の資格としては、認定心理カウンセラーがありますが、こちらは、一次試験が筆記、二次試験が実技となっており、1次試験を通過しなければ、2次試験を受けることができません。


実技試験というと、難しいイメージをしてしまいがちですが、基本的には、カウンセリングの基本的な実践方法や態度、技法について面接されるケースが多く、自宅で行う通信教育のみでは学びづらい内容となっています。


ですから、テキストだけで実技試験対策を行うことは、難しいかもしれませんね。


そのため、実技試験に自信がない場合は、実技的なことを直接サーポートしてくれるような、通信教育を選択することをおすすめします。


尚、心理カウンセラーの類の資格の中でも、特に難易度が高い臨床心理士の試験については、1次試験と2次試験が用意されており、1次試験は筆記試験と論述試験、2次試験は口述試験となっています。


こちらも、1次試験に合格しなければ2次試験を受けることができないことになっており、2次試験の口述試験では、面接官と臨床心理士に関する質疑応答を行うという内容となっています。

心理カウンセラーの資格が向いている人

心理カウンセラーの資格が向いている人

相手の気持ちに共感することができ、尚且つ専門的な角度から冷静に対応できる人だといえます。


相談者の中には、深い悩みを抱えている人がたくさんいますので、毎回相手の気持ちに飲み込まれてしまっては、カウンセリングになりませんよね。


ですから、相手の思いを受け止めながらも、感情的にならないことが求められるといえます。


それから、心が温かく、純粋な人も向いているといえますね。
自分が心を開かなければ、どんなに技術を駆使してカウンセリングを行っても、なかなか相手の心と開くことはできません。


また、相談者の気持ちに寄り添い、温かく見守っていけるような母性的な優しさを持っている人にも向いているといえます。


 >> 心理カウンセラーの資格無料資料請求はコチラ <<

向いていない人

向いていない人

自分の感情を表に出してしまう人かもしれませんね。


カウンセリングを重ねていくにつれて、時には忍耐力が求められることがありますが、この忍耐力がない場合は、ちょっとした仕草の中や、言葉の中に個人的な感情を出してしまうことがあります。


相手には分からないだろうと思っていても、やはり分かる人には伝わってしまいますし、そのことを気にする相談者はたくさんいます。


そうなると、信頼関係が壊れ、その後のカウンセリングが上手くいかなくなってしまいます。


また、自分自身と向き合うことが出来ない人にも、向いていないかもしれませんね。


誰でも、自分のこととなると分からなくなってしまいがちですが、カウンセラーとして仕事をしていく以上、自分自身のことはしっかりと分析出来るようにしておきたいものです。

失敗しない通信講座選びの裏技紹介!

通信講座選びのポイント

心理カウンセラーの講座はスクールによって様々です。


知らない方も多いんですが、通信講座で資格をとる場合、
実は【資料請求先企業によって金額や内容が若干違う】が違うんです。


私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば、「〇チイ」と「ユー〇ャン」の会社から取り寄せた資料の内容は違います。
これは資料請求ページによってもよく分かります。


入学金の違いや、勉強期間や金額も違います。
安ければいいって事もありませんし、
期間が長ければいいって事もありません。


かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、後になって後悔なんてしたくありませんよね?


失敗しない通信講座選びの裏技


その方法とは、【色んな企業の通信講座の資料を取り寄せる】という事。


≪教育訓練給付金対応講座≫もたくさんありますし、中には、
≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。


受講費用や受講期間など、自分のライフスタイルに合った講座を複数のスクールから資料請求をして比較検討をしましょう。


心理カウンセラーの通信教育【無料資料請求先はコチラから】


教育訓練給付とは?

労働者や離職者が、自ら費用を負担して、厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講し修了した場合、本人がその教育訓練施設に支払った経費の一部を支給する雇用保険の給付制度です。